vlcが遅い

 linux Bean設定ウィザードにあるのを知らずに、Synapticから、vlcを入れてしまったようで、遅めのバージョンだったようです。カクカクすぎます。
 また、gxineもありますが、これも、青画面だけだったり、色調が酷かったりとおかしいのです。
 mplayer、totem関連のソフトをインストールし試したみましたが、やはり、vncが一番安定しているみたいです。
 というわけで、ボロボロのインストール状態へ;;

再インストール

 今度は、気をつけて、インストールしましょう。NPC3-150108 linux Beanを入れてみる、の方に追記しておきました。
 gxineは、いまだ青画面(コーデックは入ってるのにね)
 1つだけ元気なのを見つけました。GNOME Mplayerです。画像を飛ばさないので、音声からどんどん、ずれていきます。それらしき、チェックボックスを見つけましたが、うまく行きません。
 最終的に、編集ー>設定ー>プレイヤータブでは映像出力をX11に、そして、同じウインドウのMplayerタブで、フレームを落とすにチェック。

さらに、Mplayerのその他のオプションで-framedrop

 が効いたようです。見れるぐらいにはなりました。
 やはり問題発生。すべてのファイルがちゃんと見られるわけではないようです
 やっぱり、vlcは優秀ですねぇ

gxineの設定

 最終的にうまく行った方法です。
 音楽ファイルもgxineをデフォルトとしても良さそうです。(ネットラジオも対応していますから)
 うまく行った設定の紹介です

~/.config/gxine/configで
# 使用するオーディオドライバ
# { auto  pulseaudio  alsa  oss  jack  none  file }, default: 0
audio.driver:alsa
 video driver to use
# { auto  dxr3  xv  XDirectFB  opengl  SyncFB  xshm  xxmc  sdl  xvmc }, default: 0
video.driver:xshm

 です。

対mp3

 goggle music playerは、ちょっとだけ動いて、消えてしまうようです。
 そこで、gxineを既定のプログラムにしました。ちょうど、ネットラジオも聴けるのでいいです。

トリプルブートのメモ

 そうそう、830MG用に、動くlinuxを同時にインストールしてあるので、そのgrub2のまとめをします。
 /etc/grub.d/40_customに以下を入れます。 モエオペラッピー(sda1)のgrub2の設定は以下の通り。

menuentry "MoeOperappy4.3.1JP2012" {
 set root='(hd0,1)'
 linux /puppy431jp2012/vmlinuz psubdir=puppy431jp2012 pmedia=atahd pfix=fsck acpi=off
 initrd /puppy431jp2012/initrd.gz
}

Moeppy Linux 6.0(Tahrpup) (sda4)のgrub2の設定は以下の通り、

menuentry "Moeppy Linux 6.0(Tahrpup)" {
 set root='(hd0,4)'
 linux /tahr6.0frugal/vmlinuz pmedia=atahd psubdir=tahr6.0frugal acpi=off
 initrd /tahr6.0frugal/initrd.gz
}

 です。
 以上をいれて、Grub Customizerで処理できました。
 ちなみに、sda3がlinux Bean,sda2がlinux swapです。
 ちなみに、15.1.31追記でMoeppy Linux 6.0(Tahrpup)の acpi=offを加えました。(ノートパソコンのふた閉めのため)


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-13 (火) 07:55:43