google関係がみれない

 こまりました。よくよく調べてみると、IPV6をDHCPの割り振りを受けているからのようです。そこで、How to disable IPv6 in Ubuntu 14.04?のように、IPv6をなくします。
 おっと、間違えました、/etc/sysctl.confを書き換えるのは良くないそうです。なぜかというと、カーネルが書き換わった際に書き換わってしまうそうです。
 そこで、正攻法は、
 /etc/sysctl.d/にある、10-*.confファイル軍の中にREADMEさんの言うとおり、

60-ipv6-disable.conf

 などを以下の内容で作ることです。内部的には

net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
net.ipv6.conf.lo.disable_ipv6 = 1

を作って適用させることでした。

sudo sysctl -p

の後、

ifconfig

で確認します。
 ただ、問題が1つ、この、sysctlという設定プログラムは、いちおう、init.dで呼ばれるようになってるそうですが、呼び出されが早すぎて、無視されているとのことで、再起動すると。元に戻ります(ifconfigにIPv6がでます。)
 そこで、/etc/rc.local(一連のinitの最後に動くと書いてあるようです)に以下を足します。

# Load kernel variables from /etc/sysctl.d
/etc/init.d/procps restart
exit 0

これで、リブート後もifconfigしてもipv6が出てこなくなりました。
 google他、いままで諦めていたところも見れるようになりました。
 これでもうまく行かない場合がありました。その場合、linuxのブート先指定のオプションに

ipv6.disable=1

 でうまく行きました。
 方法はGrub customizerで、メニューを右クリック、編集を選択。出てきた「エントーリーエディタ」ウインドウのソースタブをクリック。
 おおむね最後から2行目の

linux    /boot/vmlinuz-3.・・・

の後ろにipv6.disable=1をスペース区切りで入れます。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-23 (金) 22:49:53