SAMBAが起動時での運用では、接続エラーが出てしまう

 パソコン2つめ(Windows8.1)から、接続しようとすると、その名前は既に使われていますという、なぞのメッセージとともに、接続できない現象が発生。しかし、ファイルタンク(サーバ?)側で、

# service smbd restart

 すると、接続できるという、奇妙な問題。
 smb.confの主要な設定は、

[grobal]
  workgroup =ワークグループ名
  unix charset = UTF-8
  dos charset = CP932
  bind interfaces only = yes
  security = share 
[serverフォルダ名]
  path = 共有フォルダのパス
  writable = yes
  guest ok = yes
  guest only = yes
  create mode = 0777
  directory mode = 0777
  share modes = yes

 となっていました。実際にノートPC2つめのSAMBAはこれで動いており、問題はありませんでした。
 Webページとにらめっこ、探してみましたが1つ目は、

security = share

は、Samba 3.6.0以降ではdeprecatedとなっているため、

security = user

とする。 guestアクセスを許可するには

map to guest = Bad User

を指定すればよい。ということでした。これでもwarningが取れたということであって、動きませんでした。
 2つめは、なぜか

bind interfaces only = Yes

を、コメントアウトすることだったのです。
 ネットはeth0しかないのに、システム起動時の自動起動ではうまく動作せず。後に明示的に、

# service smbd restart

しないと、うまく機能していなかったのでした。うまく見つかって良かったです。
どうやら、イーサネットチップ(Qualcomm Atheros AR8151 v2.0 Gigabit Ethernet)との相性問題なのでしょうねぇ。
 ちなみに、Windowsから作った、フォルダはnobody:nogroupアカウントの777属性に、ファイルを作ると、nobody:nogroupアカウントの766属性になります。(問題はないでしょう)


ファイルタンク(サーバ?)


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-23 (金) 22:49:53