超天SCCT-1000でのサーマルスロット

 i9-10900FのTDPは65Wです。今風にTDPの上限をカットすると、大体150Wくらいまで生き、すべてのコアが約4.9GHzとなります。
 TDPの上限カットは、 Intel(R)Extream Tuning Utility で行えます。
 また、負荷試験はOCCTで行いました。
 当然のことですが、SCCT-1000だと150Wも処理はできないので。100度となりサーマルスロットが発生しました。

DEEPCOOL AS-500 PLUSに変える

 大きさの問題が出るかもしれませんが、実は超天も意外と高さがあります(120mm)そこで、ミドルレンジでよく冷えるというDEEPCOOL AS-500に取り替えてみました。
AS500PLUS.jpg
 まず、とにかく箱は大きいです。
hako2.jpg
 つけてみて・・・でかいです・・・はいるんかな?
tuke2.jpg
 ケースにいれて、おさまりは何とかなりそうです。一番の問題は、新しいケースはマザーが1番上なので、上のネジと、CPU電源に手が届きませんでした。クーラーはネジ2本ですから、一旦外して、上部のネジやコネクタを付けて止め直しました。1度バックプレートが着いてしまえば楽ちんですね。
新しいケースなので通風はいいでしょう。
osamari2.jpg
 実はこのケースあたらしいのですが・・・昔のケースと大きさはあまり変わりありませんでした。
実の所数ミリはみ出るのですが、実はフタの方にふくらみが有るので、問題はありませんでした。 ookii.jpg

サーマルスロットが起きなくなりました

 OCCTの結果、約150Wで、最大70℃まで行きました。サーマルスロットはおきませんでした。
OCCT2.jpg
 空冷でここまで冷えるのは結構すごいです。 i7-8700より冷えるのは、ファンが多いことと、そもそものケースの通風の差だと思います。


添付ファイル: fileOCCT2.jpg 109件 [詳細] fileookii.jpg 110件 [詳細] filetuke2.jpg 101件 [詳細] fileAS500PLUS.jpg 113件 [詳細] filehako2.jpg 97件 [詳細] fileosamari2.jpg 103件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-30 (火) 16:26:39