#author("2018-09-09T05:14:23+09:00","default:regex","regex")
#author("2018-09-09T05:20:05+09:00","default:regex","regex")
 EaseUS Todo Backup Freeだけではブートデバイスができないため、ちょっと回り道をしました。~
~
*Disk0(SSD)とDisk1のEFIパーティションを消去。 [#aaf5d0ae]
 UBUNTU16.04のライブディスクをUEFIでブートします。~
 gpartedを使って、Disk0(SSD、Windows用)とDisk1(Windows-data,Ubuntu用)のEFIパーティションを消去。~
 こうしておかないと、次のWindows10インストール時に元通りのパーティションができません。(EFIをDisk1に書こうとするため。)~
~
*Windows10 1803のインストールとバックアップ [#n035869b]
 Windows10をDisk0(SSD)全部を使いきるように、インストールします。(以前インストールした通りなので、パーティションがそろいます。そのため、あとでEaseUS Todo Backup Freeで書き戻しができます)~
 バックアップと復元(Windows7)を使って、C:及びC:イメージをバックアップします。~
~
*Ubuntu18.04Ltsをインストール [#fee9112f]
 前もって、EFIパーティション(200MB, Partition name:ESP,File system:fat32,Label:ESP,flag=BootとEsp)を作っておきます。~
 残りをすべて/にマウントする形で、Ubuntu18.04Ltsをインストール。ブートローダーは上のEFIパーティションとしました。(直接HDDにすれば以下のbootrepairはいらないかもしれません。)~
*Boot-repairで、sdbからUEFIブートできるようにする。 [#edbc3c09]
 手物にあった、Ubuntu16.04.4LiveCDで、
 sudo add-apt-repository ppa:yannubuntu/boot-repair
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install -y boot-repair
 boot-repair
で、動かせます。お勧め(Recommended)で問題ありませんでした。
*Disk0,とDisk1にまじりあった、UFEIがあるので、再書き込み [#yc56250f]
 Disk0(SSD,Windows10用)とDisk1(Windows-data,Ubuntu用)ubuntu,windows双方のUFEIBOOTができてるので、Disk0(SSD,Windows10用)をWindows10のバックアップと復元(Windows7)を使って、初期化し、HDD1つに一方のEFIとする。~
~
*最後に、EaseUS Todo Backup DiskでWindows10のバックアップを復元 [#n6dec7f4]
 EaseUS Todo Backup DiskでWindows10のバックアップを復元すれば。問題なく動くようになります。
~
*GrubCoustomizerで項目を整え、Windows10をデフォルトにしておく。 [#qcc99571]
 $sudo add-apt-repository ppa:danielrichter2007/grub-customizer
 $sudo apt-get update
 $sudo apt-get install grub-customizer
&ref(grub.png,zoom,640x480);~
~
*EaseUS Todo Backup Freeだけではブートデバイスができない [#jd23f874]
 基本的なパーティションで動くように設定されないと、いけないので、一度Windows10でクリーンセットアップ後(パーティションもあった状態で)、適用すると、元通りに戻ります。~

*efibootmgrでboot項目の整理 [#q454afd5]
 BIOSのブートメニューを整理します。
 # efibootmgr -v
 BootCurrent: 000C
 Timeout: 0 seconds
 BootOrder: 000C,0000,000B,0001
 Boot0000* ubuntu	HD(3,GPT,09dab29f-f682-4ea5-9a54-4d3feb3304db,0xdee08800,0x64000)/File(\EFI\ubuntu\shimx64.efi)
 Boot0001* Windows Boot Manager	HD(2,GPT,edfe77d0-e2a7-4407-b5d6-684887d90dc1,0x170ade,0x32000)/File(\EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi)WINDOWS.........x...B.C.D.O.B.J.E.C.T.=.{.9.d.e.a.8.6.2.c.-.5.c.d.d.-.4.e.7.0.-.a.c.c.1.-.f.3.2.b.3.4.4.d.4.7.9.5.}...a................
 Boot000B* UEFI OS	HD(3,GPT,09dab29f-f682-4ea5-9a54-4d3feb3304db,0xdee08800,0x64000)/File(\EFI\BOOT\BOOTX64.EFI)
 Boot000C* ubuntu	HD(3,GPT,09dab29f-f682-4ea5-9a54-4d3feb3304db,0xdee08800,0x64000)/File(EFI\Ubuntu\grubx64.efi)
 必要なのは、Windows Boot Managerとubuntuのgrubx64.efiです。~
 ubuntuのshimx64.efi(Boot0000)を消します。~
 # efibootmgr --delete-bootnum --bootnum 0
 BootCurrent: 000C
 Timeout: 0 seconds
 BootOrder: 000C,000B,0001
 Boot0001* Windows Boot Manager
 Boot000B* UEFI OS
 Boot000C* ubuntu
 UEFI OSは消えないので、inactiveにします。~
 # efibootmgr --inactive --bootnum 000D
 BootCurrent: 000C
 Timeout: 0 seconds
 BootOrder: 000C,0001,000D
 Boot0001* Windows Boot Manager
 Boot000C* ubuntu
 Boot000D  UEFI OS
 これで、項目は2つになりました。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS