#freeze
* as isで残す [#aUP6rAq]
 もう少し整理したい気もありますが・・・~
 UBUNTU14.04の64bit版と32bit版ですが、deb化せずに、そのままで(as is)で、置いときます。~
[[audacious-3.5-alpha1-Trusty-amd64.tar.gz:http://mifmif.mydns.jp/pcpc/audacious-3.5-alpha1-Trusty-amd64.tar.gz]]~
[[audacious-3.5-alpha1-Trusty-i386.tar.gz:http://mifmif.mydns.jp/pcpc/audacious-3.5-alpha1-Trusty-i386.tar.gz]]~
*利用法 [#RbpN5la]
 環境にあったほうをダウンロードしましょう。コンパイル済みなので、それぞれをsudo make installとライブラリ(ランタイムがあるため)を整備すれば、使えるはずです。~
 cd audacious-3.5-alpha1-debpack/tmp/audacious-3.5-alpha1
 sudo apt-get build-dep audacious
 sudo make install
 cd ../audacious-plugins-3.5-alpha1/
 sudo apt-get build-dep audacious-plugins
 sudo make install
 ここで、一度
 audacious
で、立ち上がるか試してみましょう。~
 うまく行ったら、アイコンを登録しましょう。~
 gtk-update-icon-cache && update-desktop-database
 実の所、現状のUbuntu14.04のaudaciousは3.4.3になっていますので、build-depでのライブラリで問題が無いのですが、linux Baenのように、いらないものをそぎ落としている場合は、ppa:nilarimogard/webupd8をsunapticのリポジトリ(ソース)に入れ、3.6.1のbuild-depせざるを得ません。その場合でも、多少のWarningがでますが、聞けます。~
&attachref(./Screenshot - 2015年03月07日 - 02時50分07秒.png);~
楽しみましょう!~

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS