Ubuntu20.04のgnome-shell-theme.gresource の再構成とlogin画面の変更

 Ubuntu20.04からは、gnome-shellのcssはコンパイルされ、gnome-shell-theme.gresourceになりました。
 いくつかのスクリプトでのデコンパイル→改変→コンパイル法はありましたが、階層構造まで移したものがなかったので、うまくいきませんでしたが、今回うまくいきましたので、記録します。
https://mifmif.mydns.jp/masterkudo/?p=473
 から、extract.shを持ってきます。これは、階層構造もデコンパイルしてくれます。
 例として、~/ダウンロード下に展開した場合で説明します。
実行属性をつけておきます。

$ cd ~/ダウンロード
$ chmod +x extract.sh
$ ./extract.sh /usr/share/gnome-shell/theme/Yaru/gnome-shell-theme.gresource

 これで、~/ダウンロード/org/gnome/shell/theme以下におなじみのsvgやcssが展開されます。(階層も含んで以下の階層も作られています)
 今度は、コンパイルのためのxmlファイルを作ります。

$ gedit ~/ダウンロード/org/gnome/shell/theme/gnome-shell-theme.gresource.xml

(ほんとはスクリプトでかっこよく決めたいが、lsとls -d(相対パス表示)でしこしこ行きました。)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<gresources>
  <gresource prefix="/org/gnome/shell/theme">
    <file>Yaru/gnome-shell-high-contrast.css</file>
    <file>Yaru/gnome-shell.css</file>
    <file>Yaru-dark/gnome-shell-high-contrast.css</file>
    <file>Yaru-dark/gnome-shell.css</file>
    <file>calendar-today.svg</file>
    <file>checkbox-dark.svg</file>
    <file>checkbox-focused-dark.svg</file>
    <file>checkbox-focused.svg</file>
    <file>checkbox-off-dark.svg</file>
    <file>checkbox-off-focused-dark.svg</file>
    <file>checkbox-off-focused.svg</file>
    <file>checkbox-off.svg</file>
    <file>checkbox.svg</file>
    <file>dash-placeholder.svg</file>
    <file>gdm3.css</file>
    <file>icons/scalable/actions/eye-not-looking-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/actions/eye-open-negative-filled-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/actions/keyboard-caps-lock-filled-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/actions/keyboard-enter-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/actions/keyboard-hide-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/actions/keyboard-layout-filled-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/actions/keyboard-shift-filled-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/actions/pointer-double-click-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/actions/pointer-drag-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/actions/pointer-primary-click-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/actions/pointer-secondary-click-symbolic.svg</file>
    <file>icons/scalable/status/message-indicator-symbolic.svg</file>
    <file>no-events.svg</file>
    <file>no-notifications.svg</file>
    <file>pad-osd.css</file>
    <file>process-working.svg</file>
    <file>toggle-off-dark.svg</file>
    <file>toggle-off-hc.svg</file>
    <file>toggle-off.svg</file>
    <file>toggle-on-dark.svg</file>
    <file>toggle-on-hc.svg</file>
    <file>toggle-on.svg</file>
  </gresource>
</gresources>

20.04-1-gnome-shell-theme.gresource.zipとして置いておきます。
 カレントディレクトリを、合わせ、コンパイルします。

$ cd ~/ダウンロード/org/gnome/shell/theme
$ glib-compile-resources gnome-shell-theme.gresource.xml

 こうしてできた、gnome-shell-theme.gresourceを、元のところに入れてテストしました。

$ sudo cp gnome-shell-theme.gresource /usr/share/gnome-shell/theme/Yaru/

(うまくいかなかった場合のために、/usr/share/gnome-shell/theme/Yaru/gnome-shell-theme.gresourceは.bakでも名前につけて、バックアップを取りましょう)
ログアウト・・・ログイン画面がちゃんと出ました。成功!

こんどは、login画面を変えられるか・・・
そこで、gdm3.cssを改変。

2095 #lockDialogGroup {
2096 background-color: #4f194c; }

を変更・・・

2095 #lockDialogGroup {
2096 background: #FEA5FA url(file:///usr/share/backgrounds/login.png);
2097 background-repeat: no-repeat;
2098 background-size: cover;
2099 background-position: center; }

(/usr/share/backgrounds/login.pngを用意しました)
同じように、

$ glib-compile-resources gnome-shell-theme.gresource.xml
$ sudo cp gnome-shell-theme.gresource /usr/share/gnome-shell/theme/Yaru/

うまくいきました。

 コンパイル済みのgnome-shell-theme.gresourceを以下に置いておきます。
20.04.chg.login.gnome-shell-theme.zip

 基本的にうまくいく方法はわかりましたが、白を基調にしているので、明るい画面では、見にくいようです。各cssを変更して、色を変えるといいと思いました。

Ubuntu20.04Lts beta・・・Yaru-heart1(Yaruテーマのボタンのハート化)その1

 Ubuntu20.04Ltsもbetaとなりました、UIはフリーズのはずなので、Yaruテーマのボタンのハート化に取り組みました。
 今回の20.04は、立ち上がりや、暗転ロック解除画面など、フィールを変えてきてます。カスタマイズはちょっと手ごわいかもです。
 ただ、テーマのgtk.cssが19.10からはあまり変わってなかったのが、幸いです。ただ、Terminalなどいくつかのウインドウはgtk-dark.cssを使うようになってますので、こちらは初めてなので、要注意です。
 まずは、見た目をば・・・

 まずは、小手調べですので、うまくいけばいいなぁといった感じです。
 ここに置いておきます。
20.04Yaru-heart1.zip
今後のために、記録を残します。

https://mifmif.mydns.jp/masterkudo/?p=473
でgresourceをデコンパイルし、Yaru-heart1にする。
 19.10のYaru-heart1から、moe.cssを同じgtk-3.20フォルダに入れる。同様に、matacity-1をYaru-heart1フォルダへ入れる。
 19.10のYaru-heart1/gtk-3.20/gtk.cssをわかりやすいようにgtk-heart.cssとしてカレントに持ってくる。

sudo meld /usr/share/themes/Yaru-heart1/gtk-3.20/gtk.css gtk-heart.css
で、前回からの変化を見る。
(順に直していくので、後ろのものは最終的に行がずれます。)
1.配置の定義

5837 /* commentout by mifjpn
5838 button.titlebutton:not(.appmenu) {
・・・
5884 background-image: -gtk-gradient(radial, center center, 0, center center, 0.35714, to(#707070), to(transparent)); }
5885 */

2.描画の定義

5105 /* commentout by mifjpn
5106 button.titlebutton {
・・・
5128 -gtk-icon-shadow: none; }
5129 */

3.一部のアプリでの配置の定義
 切り取り部分

2349 padding: 4px; }
+2350 /* modified by mifjpn */
+2351 /* .default-decoration.titlebar:not(headerbar) button.titlebutton,
2352 headerbar.default-decoration button.titlebutton {
2353 min-height: 26px;
2354 min-width: 26px;
2355 margin: 0;
+2356 padding: 0; } */

 付け足し部分(メニューバーの太さを維持させる)

+2357 .default-decoration.titlebar:not(headerbar) button.titlebutton,
+2358 headerbar.default-decoration button.titlebutton {
+2359 min-height: 26px;
+2360 /* min-width: 26px; */
+2361 margin-top: 0;
+2362 margin-bottom: 0;
+2363 padding-top: 0;
+2364 padding-bottom: 0; }

4.moe.cssのimport

14122 @import url("moe.css");

<<これだけでは、Terminalがハートにならない・・・>>
gtk-dark.cssも編集
ここで、検索しようとしたが、geditもmeldも固まる;;
geanyが良かった

5.位置

5077 /* comment out by mifjpn
5078 button.titlebutton:not(.appmenu) {
・・・
5083 min-height: 0; }
5084 */

6.描画

5799 /* comment out by mifjpn
5800 button.titlebutton:not(.appmenu) {
・・・
5846 background-image: -gtk-gradient(radial, center center, 0, center center, 0.35714, to(#636363), to(transparent)); }
5847 */

7.moe.cssのimport

6329 @import url("moe.css");

カメのフィルターポンプを交換。フィルターまとめ買い。

 カメ用のフィルターポンプがもうだめで、ちょっぴりしか出なくなりました。買い替えたいのですが地元のDIY店で買うと高いので、Amazonに頼みました。
 取り換えたら、ドバドバ出るようになりました。
 以前は水作だったのですが、こっちの方がお安いのでジェックスにしました。
 ほかに、まとめ買いで、12個ほどフィルタカードリッジも頼みました、
 まぁ、あんまり意味がないという方もいますが、水替えが面倒でずぼらなので、少しは水替えの回数を稼げます。

無線LanのAPを新しくしました

 昨日、ヨドバシに行って買ってきました。RE505X です。

 新製品なので、今流の全部のWiFiモードに対応しています。
 そして、今時分の機器らしく、説明書はペラペラで、AP用のブリッジモードの話なんて書いていません。設定も今風です。スマホアプリでしてくださいとのこと、TP-Link Tetherアプリをいれて、WiFiを接続してから、アプリ起動、いきなりログイン画面に・・・TP-Linkへの登録がいりました。続きをすると、2.4G 、5G の機能のON/OFF画面になり、すべてONしましたが、ここから、やり方が何も書いてないのですが・・・動作モードというのがあり、APモードを選べばOKでした。あとは、それぞれのパスワードを入れておきました。
 速度の方ですが、10倍になりました。ほぼVDSLマックスの100Mb近くまで出ます。よかったよかった。(嫁のPC-Lubuntuのほうのセットアップもしておきました)

UbuntuでのAPモードとWiFi設定

 家には一応、APアダプタがあるのですが、古くて調子が悪いので、スマホにつないでも速度がでませんてした。
 WebPrinterTimeMusicServerに使っている、Ubuntu18.04が、APモードにてきたので、使ってみました。上手くつながり、速度の方も改善。おおむね家のインターネット環境と同じような値が出ました。と思ったんですが、昔のAPと同じ54Mbps でした。IPv6,IPv4とも10分の1しか出ません・・・今後のことを考えて、おもいきってRE505X/A を買うことにしました。

 次に、公衆WiFiの方ですが、Biglobe mobileの場合、オートコネクトというアプリでMACアドレス設定をして上手く行きました。札幌駅できちんとつかえました。

 

Biglobe mobileは遅いけど安い・・・でも、10MB行けばそこそこ問題はない。

 何日か使って見た感想としては、思ったより遅くても使えるということ。これは、Biglobe側でも、帯域対策してあり、画像等の再圧縮をしているからかもしれない。そのぶん全体容量(月6GB)が大きくて安い(2000円くらい)。
 家ではXit Air100Wがあるので、家のチューナーから、OPPO a5 2020へ向けてTV動画をLiveで配信できる。これも、高画質でも1MB/Sである。低画質が選べ、50k~100k/sと意外とリーズナブル。
 家ではWiFi(年代物なので遅いけど)アダプタがあったので問題なし。いろいろいじくって、今のところのカスタマイズで、ホーム画面は以下のようになりました。
 壁紙はPC用4K壁紙を300秒で壁紙切替ますたーで切り替えしました。
 

 

FreeFileSyncを使って積極的にMirrorにする

 Fileserverの構成が2,2,3,3,4,4,4TBHDDの構成なので、
2,2と3,3と4,4をミラーリング。
残り4は他所のバックアップ専用としてミラーリングしてみようと思います。少し時間はかかりますが、FreeFileSyncが結構楽なので、いい感じです。
 FreeFileSyncはアップデートも解凍して/opt以下に入れれば、他の設定は変える必要はありませんでした。

OPPO a5 2020 使いやすく

 まず、広告の入らないOperaを主に使うことにしました。スピードダイヤルはとても使いやすいです。ただ、一応PCのブックマークとの同期があるのでfirefoxも入れておきました。
 標準のGMAILですが、http表記のある場合に、自動リンクしてくれないので、使いづらいです。Outlookにしました。(通知もOutlookのみにして問題ありませんでした。)
 写真・動画のアップロード先にアンドロイド版Megaをいれました。すべてのOSに対応しているので、定番です。(WiFi時にアップロードがあるので問題ないでしょう)カメラアップロードフォルダは、Magasync内にはできないので、Megaのホームページに行って、アップロードフォルダをMegasync内に移動して、名前をわかりやすく変更しておきました。
 最後に割と困ったのが、印刷設定でした。最終的にwpserverにchromeをいれて、chrome://devices/で、Google クラウド プリンタとしてを設定。アンドロイドはクラウドプリントで対応という方法でした。(クラウドプリンタ検索の反映までかなり時間がかかったので・・・試行錯誤してしまいましたが、結局一番楽な方法になりました。)