Windows10 1803 で困る

  windows10 1803から、出たアップデートKB4103721で、即シャットダウン後再起動、起動画面(青いWindous10の窓の下にくるくる)、その次から、黒画面にくるくるのみが延々続き終わらない。
 それから3日経ちました。
 もう救いようがないので、Windows 10 1803 DVDからの、クリーンインストール。

困るのはMailとiTune

① Thunder Birdのデータ領域は、シンボリックリンクで、ユーザーHDDに移動しておくこと。
 →のちにシンボリックリンクを張ればアカウント、過去メールが全部元に戻ります。
② iTuneのメディアフォルダを、I:\itunesにしておく。→自動的にiTuneが探して、全部の曲の一覧、プレイリストが自動的に入る(ただし、Music用のHDDのドライブレター (I:だった)は、直さないといけない。

魔の3日間

 3日目(5月11日)、少しずつアプリ入れる再起動→easeus todo backup freeでシステム(SSD)のイメージをバックアップを繰り返し続けて、libre Officeを入れると、SSDのパーティションがおかしくなり(UBUNTU16.04Liveのgpartedで異常の表示が出る)、黒画面にくるくるのみが延々続き終わらないことになる。

解決はひょんなことから

 問題の切り分け(Libre officeなのか、容量問題なのか)サブPCで、試そうと思ったが、ドキュメント等のデフォルトフォルダがおかしくなり、DVD(Window 10 1803)でアップデートかけ、直す。なぜか今度は、KB4103721をアップデートしない。試しにlibreofficeを入れてみると、問題がない。

KB4103721を読まない

 5月11日にWindows 10 1803のDVDからアップデートをかけるとKB4103721問題がなくなるのでは・・・  メインPCでWindows 10 1803のDVDからアップデート(いちおうTestということでバックアップ(EaseUs?))。libreofficeを入れてみる。ビンゴ!、KB4103721を読まない。パーティションが崩れてたりせずに、再起動できた。

まとめ

 困ったところで、(5月11日以降に)Windows 10 1803のDVDからアップデートをかけるとKB4103721問題がなくなる。

この操作(起動時のDVDによる更新)の健全性

 果たして、KB4103721が消えてしまったのか、それとも、更新により、アップデートの必要がなくなった(生きてる)のか
Windows10(1803)DVDを、起動後に入れて、起動時でDVDから更新することでKB4103721問題回避の健全性チェック
ここで、hyper-vを使って試しましたが大丈夫なようです。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-01 (日) 21:15:06 (526d)